なんでわざわざ中年体育

走ることも、汗をかくことも嫌い。嫌いだと自覚しているからこそ続けられることもある。インドア作家が43歳でフルマラソンに出場。ボルダリングから登山、ワイン飲みマラソンまで闇雲に挑戦した結果はいかに?志の低いユルい楽しみ方は中年の特権ではなかろうか。笑い転げながら読んでいると不意に感動が襲う爽快エッセイ。

 

目次      

東京マラソン!―「いつか」は案外早くやってきた

スポーツクラブ―8年続く、果てなき夢

那覇マラソンその1―真に私が目指したものは

高尾山トレイルランニング―酔狂に片足

代々木公園でヨガ―マトリョーシカを目指そうか

大岳鍾乳洞トレイルラン―トレイルラン二回目の真実

荒川30Kと那覇マラソンその2―悲劇というか試練というか

ボルダリング―「なめ癖」再発

ベアフットランニング―ひみつ道具ではなかったけれど

大菩薩峠登山―山ハイというものがあるのだろうか

コアトレーニングと那覇マラソンその3

真夏の夕涼みマラソンin台場―いろんな大会、そして初のハイ

コアトレーニングと那覇マラソンその3―ごまかし心満載の我

10キロマラソンと心拍数―学べども学べども

ロッテルダムマラソン―なぜ異国で走ってるの?

棒ノ折山登山―苦行と楽しいのはざまで

鳥海山登山とお尻骨折―山にも相性がある

陣馬山トレイルレース―好きだったのか、そんなにも

那覇マラソンその4―ワレ真実ヲ発見セリ

三浦国際市民マラソン―グリーンスムージーと雨の日のダイコン

鎌倉トレラン―サボッてはばらぬ、ナメてはならぬ

旅先でランニング―その羞恥と快楽

高尾山ナイトハイク―遭難じゃないない、夜の山

ワイン飲みつつメドックマラソンinボルドー―これぞ正しき大人の酔狂

中年体育心得8カ条

 

著者紹介

角田 光代 (カクタ ミツヨ)  

1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞を受賞。03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『かなたの子』で泉鏡花文学賞、同年『紙の月』で柴田錬三郎賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:文藝春秋
ISBN:9784167913748
作者: 角田光代
參考價:NT$248
NT$248