続・孤独のすすめ
人生後半戦のための新たな哲学

孤独に怯えることはない豊かさを愉しめばいい。30万部のベストセラー『孤独のすすめ』、待望の続編!世に流布する「孤独論」を退ける、真の「孤独論」がここに完成した。

 

目次      

孤独と自由は手をとりあって

第1章 孤独に怯える人びと

第2章 「和して同ぜず」という思想

第3章 生物としての孤独とは

第4章 老いるヒントについて

第5章 孤独を愉しむ

終章 孤独は永遠の荒野ではない

対談 下重暁子 歳をとるにつれてひとりの時間が味わい深くなる

 

 

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  

作家。1932年福岡県生まれ。生後まもなく朝鮮にわたり、47年に引き揚げる。52年早稲田大学露文科入学。57年中退後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞を受賞。また英文版『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)に選ばれた。02年菊池寛賞を受賞。10年に刊行された『親鸞』で毎日出版文化賞を受賞。『孤独のすすめ』(中公新書ラクレ、2017年)は30万部のベストセラーとなり、孤独ブームを生み出した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ISBN:9784121506511
作者: 五木寛之
參考價:NT$281
NT$281