伝達の整理学

日本人は思考の伝達が苦手である。ことばの読み書き偏重、知識を自分の頭に詰め込むことばかりに熱心で、自分の考えをどう深め、どう伝えるかを考えていない。AIが人間を脅かしているいま、人間にとって大事なのは思考の整理と並んで、ことばの伝達とその整理学である。教育のあり方、知的生活のあり方などをめぐって今も精力的に発言を続ける知の巨人が満を持して放つ、待望の文庫書き下ろし。

 

目次      

第1章 伝達という新しい文化(大きなコトバ

むかしむかしあるところ ほか)

第2章 伝達のスタイル(耳で考える

文殊の知恵 ほか)

第3章 伝達のテクニック(ことばのアヤ―敬語

あいまい ほか)

第4章 伝達のセオリー(第四人称

古典―第五人称 ほか)

第5章 伝達のツール(受け手

放送 ほか)

 

著者紹介

外山 滋比古 (トヤマ シゲヒコ)  

1923年生まれ。東京文理科大学英文学科卒業。『英語青年』編集長を経て、東京教育大学、お茶の水女子大学で教鞭を執る。お茶の水女子大学名誉教授。専攻の英文学に始まり、レトリック、思考法、エディターシップ論、日本語論などの分野で独創的な仕事を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:筑摩書房
ISBN:9784480435644
作者: 外山滋比古
參考價:NT$230
NT$230