「自分」の壁

「自分探し」なんてムダなこと。「本当の自分」を探すよりも、「本物の自信」を育てたほうがいい。脳、人生、医療、死、情報、仕事など、あらゆるテーマについて、頭の中にある「壁」を超えたときに、新たな思考の次元が見えてくる。「自分とは地図の中の矢印である」「自分以外の存在を意識せよ」「仕事とは厄介な状況ごと背負うこと」―『バカの壁』から十一年、最初から最後まで目からウロコの指摘が詰まった一冊。

 

目次      

第1章 「自分」は矢印に過ごない

第2章 本当の自分は最後に残る

第3章 私の体は私だけのものではない

第4章 エネルギー問題は自分自身の問題

第5章 日本のシステムは生きている

第6章 絆には良し悪しがある

第7章 政治は現実を動かさない

第8章 「自分」以外の存在を意識する

第9章 あふれる情報に左右されないために

第10章 自信は「自分」で育てるもの

 

著者紹介

養老 孟司 (ヨウロウ タケシ)  

1937(昭和12)年神奈川県鎌倉市生まれ。62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。95年東京大学医学部教授を退官し、現在東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:新潮社
ISBN:9784106105760
作者: 養老孟司
參考價:NT$266
NT$266