決定版 日本人論 日本人だけがもつ「強み」とは何か?

すでに3000万人以上の外国人が来日し、2020年の東京オリンピックには4000万人に達するといわれています。また2019年4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まります。日本に滞在する外国人の数は今後も増え続けるでしょう。彼ら外国人と触れ合ったとき、私たちが問われるのは「日本人である」とはどういうことかということです。その答えを知るには、日本人というものが、どういう歴史を辿って形成されてきたかを学ぶ以外にありません。本書に、その答えが書かれています。

 

目次      

序章 日本人が決して失ってはいけないもの

第1章 日本人がもつ「不変」の力

第2章 対立ではなく融合していく日本人の宗教観

第3章 日本人のDNAに潜む「もののふ」の力

第4章 信長・秀吉・家康が、現代に残した教訓

第5章 一国で一つの文明をもつ国・日本

 

著者紹介

渡部 昇一 (ワタナベ ショウイチ)  

1930年10月15日、山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958)、Dr.phil.h.c.(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。その間、フルブライト教授としてアメリカの4州6大学で講義。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。1976年第24回エッセイストクラブ賞受賞。1985年第1回正論大賞受賞。英語学・言語学に関する専門書のほかにも著書がある。2017年4月17日逝去。享年86(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:扶桑社
ISBN:9784594081393
作者: 渡部昇一
參考價:NT$270
NT$270