無意味な人生など、ひとつもない

あなたはこの世界で、かけがえのない存在。今こそ伝えたい、著者渾身のメッセージ集。

 

目次      

第1章 大いなるいのちと「私」(無意味な人生など、ひとつもない

あなたが生きるのはなんのためなのか ほか)

第2章 「今日一日」を生きる(生きる力を与えてくれるもの

「気休め」の効用 ほか)

第3章 歳を重ねるということ(人生には、立ち止まるべき時がある

「林住期」こそ人生の黄金期 ほか)

第4章 ありがとう、おかげさまで(私たちは、すべて大河の一滴

「天が見ている」という感性 ほか)

 

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  

1932年(昭和7年)福岡県生まれ。平壌で終戦を体験し、47年引き揚げ。早稲田大学中退後、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門』他で吉川英治文学賞、2002年菊池寛賞受賞。2010年長編小説『親鸞』で毎日出版文化賞特別賞。その後、『親鸞“激動篇”』『親鸞“完結篇”』と書き継がれ14年に完結、著者のライフワークの一つとなった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ISBN:9784569835709
作者: 五木寛之
參考價:NT$360
NT$360