マンガ老荘の思想

争奪と興亡に明け暮れ、誰もが生き残りに汲々としていた春秋戦国時代。そんな時代に周囲に流されず、超然として心穏やかに生きることを説いた老子と荘子の思想は、現代人にとっても示唆に富んだ魅力的なものである。老荘の思想をマンガでわかりやすく再現、世界各国で翻訳され好評を博したベストセラー。


著者紹介

蔡 志忠 (サイ シチュウ)  

1948年、台湾生まれ。テレビ美術等を担当したのち、新聞、雑誌に漫画を描き始める。『老子』『荘子』『論語』『史記』など、中国古典を漫画化した作品はいずれもベストセラーとなり、世界各国で翻訳されている。1985年に、中華民国の全国十大傑出青年に選ばれたほか、対台湾教育功奨、世界新聞伝播奨などの賞を受賞している

和田 武司 (ワダ タケシ)  

1933年、東京都生まれ。東京都立大学を卒業。拓殖大学外国語学部教授を経て、同大学名誉教授

野末 陳平 (ノズエ チンペイ)  

1932年、静岡県生まれ。早稲田大学東洋哲学科を卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:講談社
ISBN:9784065238295
作者: 蔡志忠 野末陳平
編者: 和田武司
參考價:NT$245
NT$245