宇宙の声 星新一ジュブナイル・セレクション 角川つばさ文庫

日本のSF(サイエンス・フィクション)は、星新一の物語から始まりました。そのなかでも、「まぼろしの星」(『まぼろしの星』収録)と「宇宙の声」は、少年少女のために書かれた名作。宇宙船、研究所、ロボット、調査隊員、不思議な装置、そしてまだ見ぬ惑星、宇宙の冒険…と、星作品のエッセンスがちりばめられています。みんなが夢中になったジュブナイル・セレクション。小学中級から。


著者紹介

星 新一 (ホシ シンイチ)  

1926年東京生まれ。東京大学農学部卒。57年日本で初めてのSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参加。家業である星製薬株式会社社長を経て、68年『妄想銀行』で第21回日本推理作家協会賞を受賞。ショートショートの第一人者として1001以上の作品を発表した。97年、永眠

片山 若子 (カタヤマ ワカコ)  

イラストレーター。ミステリ系の本のカバーが多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:角川書店
ISBN:9784046310613
作者: 星新一 片山若子
參考價:NT$230
NT$230