タマネギのひみつ。 黒柳さんに聞いた徹子さんのこと
祥伝社黄金文庫 Gく10-1

トットちゃんのおしゃべりは、人を幸せにします。「ほぼ日刊イトイ新聞」で実現した伝説の対談がついに文庫化。あなたは知っていますか?黒柳徹子は……・パンダ研究家であり、ぬいぐるみ研究家・あのヘアスタイルには大きな理由がある・酢卵を飲み続けている・息をしているのがわからない・敏捷である・嘘をついている人がわかる・ピカピカしているものが好き・サーカスにスカウトされた etc…黒柳徹子の尊い好奇心/糸井重里「おもしろい」のは、黒柳さんの目に映った世界だったり、黒柳さんの遭遇した不思議だったり、黒柳さんに衝突した運命だったりのほうで、黒柳徹子さんは、「おもしろい」つもりはないらしい……。なんでしょう、つまりは、「おもしろ案内人」ということ?――「尊敬と親愛の往復書簡」より

 

目次      

第1部 退屈知らずな楽しみ上手(どろどろ健康ドリンク

骨密度は一二〇%

カンボジアの大転倒 ほか)

第2部 無理して笑えないし生きられない(出すもの全部、ピカピカしている

ちょっと、アンタ、プラダのパンダあげるわよ! ほか)

第3部 尊敬と親愛の往復書簡(黒柳徹子さんの、尊い好奇心 糸井重里

親愛なる糸井重里さま 黒柳徹子)

 

著者紹介

黒柳 徹子 (クロヤナギ テツコ)  

東京・乃木坂生まれ。東京音楽大学声楽科を卒業後、NHK放送劇団に入団、テレビ女優第1号としてテレビ、ラジオで活躍する。1981年に出版した『窓際のトットちゃん』は総発行部数760万部を超え、出版史上空前の記録を樹立。この印税で「社会福祉法人トット基金」を設立する。1984年、アジアで初めてユニセフ(国連児童基金)の親善大使に。2003年には勲三等瑞宝章を受章

糸井 重里 (イトイ シゲサト)  

群馬県生まれ。1975年TTC(東京コピーライターズクラブ)新人賞受賞。作詞、ゲーム製作、文筆など幅広い分野で活躍を続ける。1998年に毎日更新のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」(略して「ほぼ日」)を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:祥伝社
ISBN:9784396317119
作者: 黒柳徹子 糸井重里