日本のむかし話8 新版
桃太郎ほか全21編 偕成社文庫 2105

語りつがれ愛されてきたむかし話を集大成。モモから生まれた桃太郎が、きびだんごをもって鬼ヶ島に鬼退治に出かける「桃太郎」のほか、「きっちょむさんの話」「宝げた」など二十一編を収録。総ルビ、豊富なさし絵で楽しく読みやすいシリーズ。小学中級以上向き。

 

著者紹介

坪田 譲治 (ツボタ ジョウジ)  

1890年岡山県に生まれる。早稲田大学英文科卒業。1926年『河童の話』で文壇に出て以来、多くの小説、童話を執筆しつづけ、『子供の四季』で新潮社文芸賞、『坪田譲治全集』で日本芸術院賞を受賞。「びわの実学校」を主宰した。1982年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:偕成社
ISBN:9784035510505
作者: 坪田譲治
編者: 坪田譲治