羽生結弦物語
角川つばさ文庫 Dあ1-2

のびやかなすべり、見る人をとりこにする演技、迫力あるジャンプ―。オリンピックという大舞台で、羽生結弦ははなやかに、そして力強く舞い、頂点に立った。日本人男子のフィギュアスケートで初めての金メダルだ。お姉ちゃんについてスケートをはじめたのは4才。「やめたいの壁」やリンクの閉鎖、震災もあったけれど、一歩一歩進みつづけた。「練習はきらい、試合は大好き!」だった男の子が世界でかがやくまでの物語。小学中級から。

 

目次      

0 チャンピオン、誕生

1 お姉ちゃんを追いかけて

2 練習ぎらいを卒業

3 世界への挑戦

4 舞台はシニアへ

5 2011年3月11日

6 次々にミラクルが!

7 涙の旅立ち

8 オリンピックへの3つの壁

9 自分のスケートって?

10 そして、あこがれの舞台で

 

著者紹介

青嶋 ひろの (アオシマ ヒロノ)  

静岡県浜松市出身。早稲田大学卒業。フリーライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ISBN:9784046314338
作者: 青嶋ひろの