やまんばのにしき
ポプラポケット文庫 005-1 日本昔ばなし

「ちょうふくやまの山んばが子どもうんだで、もちついてこう。ついてこねば、人も馬もみな食い殺すどお。」って、だれかがさけぶ声がした。さあ、むらじゅうがおおさわぎだ。―表題作ほか、「かちかち山」「舌切りすずめ」など、日本の昔ばなし十五編を収録。

 

著者紹介

松谷 みよ子 (マツタニ ミヨコ)  

1926年、東京に生まれる。1956年より民話の採訪を始め、『龍の子太郎』に結実する。作品は国際アンデルセン賞優良賞を受賞。そのほか、『ちいさいモモちゃん』で野間児童文芸賞、『あの世からの火』で小学館賞など。日本民話の会運営委員、日本口承文芸学会会員、松谷みよ子民話研究室主宰

梶山 俊夫 (カジヤマ トシオ)  

1935年、東京に生まれる。1962年シェル美術賞受賞。渡欧後、絵本の仕事に入る。主な作品に『いちにちにへんとおるバス』(講談社出版文化賞)、『あほろくの川だいこ』(小学館絵画賞)、『こんこんさまにさしあげそうろう』(絵本にっぽん大賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:ポプラ社
ISBN:9784591090343
作者: 松谷みよ子 梶山俊夫
參考價:NT$205
NT$205