コンビニは通える引きこもりたち

「9割近くは外出している」「不登校がきっかけは2割以下」「10年以上働いた後になることも」―。顕在化してからおよそ25年、かつては「青少年の一時的な現象」とされた引きこもりの内実は激変した。その数はいまや100万人を優に超え、問題も多様になり、従来のイメージでは捉えきれなくなっている。親は、本人は、社会は、何をすればいいのか。引きこもり支援で圧倒的な実績を誇るNPOの知見で示す最適解。


目次

第1章 引きこもりをめぐるウソホント(引きこもりたちのほとんどは外出している

引きこもりのきっかけは不登校? ほか)

第2章 どこに相談すればいいのか(第一の選択肢は病院

ハローワークとサポステ ほか)

第3章 「一歩踏み込む」支援スタイルがなぜ有効なのか(始まりは「ニュースタート・プロジェクト」

「家族をひらく」で第三者の力を借りる ほか)

第4章 親も変わらなければならない(長引く引きこもりには親にも一因がある

親自身の素人判断は当てにならない ほか)

第5章 引きこもり支援のこれまでとこれから(「引きこもり」の誕生

やたらに多かった大学不登校 ほか)


著者紹介

久世 芽亜里 (クゼ メアリ)  

認定NPO法人ニュースタート事務局スタッフ。青山学院大学理工学部卒。会社勤務の後、イタリアで実施された第4回「ニュースタート・プロジェクト」にスタッフとして参加し、そのまま2年間イタリア留学。ニュースタート事務局では現在、親の相談、事務、広報などを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:新潮社
ISBN:9784106108747
作者: 久世芽亜里
參考價:NT$266
NT$266