深代惇郎の天声人語 続

朝日新聞1面のコラム「天声人語」。この欄を1970年代半ばに3年弱執筆、読む者を魅了し、新聞史上最高のコラムニストとも評されながら急逝した記者がいた。その名は深代惇郎―。彼の筆による天声人語約300本を編んだベスト版の続編が、新装文庫判で待望の復活!


目次

世相

暮らし

社会

政治

ジャーナリズム

国際

韓国

日本と日本人

人生

自然

文化

教育

歴史


著者紹介

深代 惇郎 (フカシロ ジュンロウ)  

1929年東京都生まれ。東京大学法学部卒業。53年朝日新聞社入社。ロンドン、ニューヨーク各特派員、東京本社社会部次長、ヨーロッパ総局長などを経て、73年に論説委員となる。同年2月15日から75年11月11日、入院するまで、朝日新聞1面コラム「天声人語」を執筆した。同年12月17日に急性骨髄性白血病のため死去。享年46(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ISBN:9784022618498
作者: 深代惇郎
參考價:NT$259
NT$259