疋田桂一郎の天声人語

戦後の朝日新聞にこの人あり、と言われた大記者、疋田桂一郎。彼が担当した1970年5月から1973年3月までの「天声人語」から、211回を掲載。うすれゆく戦争の記憶と、経済成長とともに変わる日本人の心。ジャーナリズムの死角に光をあて続けた記者の、読みつぐべきコラム。


目次

1970 昭和45年(ストの受難

父親参観 ほか)

1971 昭和46年(心の時代

毒ガス ほか)

1972 昭和47年(長距離バス

復帰準備 ほか)

1973 昭和48年(シベリア開発

英国式 ほか)


著者紹介

疋田 桂一郎 (ヒキタ ケイイチロウ)  

1924年生まれ。京都大学法学部卒。48年、時事新報社に入社、51年、朝日新聞社に転じ、静岡支局員、東京社会部員、論説委員、編集委員を経て、87年、退社。70年5月から73年3月まで朝日新聞1面コラム「天声人語」を執筆。企画記事「わたしの言い分」で日本記者クラブ賞を受賞。2002年、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ISBN:9784022619099
作者: 疋田桂一郎
參考價:NT$238
NT$238