認知心理学を語る 1 おもしろ記憶のラボラトリー
認知心理学を語る   第1巻

記憶とは、たいへん身近なもので、私たちは、ふだん、あまり深く考えるようなことはしない。しかし「なぜ、そうなるの」と問われると、わからないことばかり。おぼえたと思っていたのに忘れてしまったり、忘れたのにふと思い出したり、不思議なことばかりである。本書に登場する新進気鋭の記憶研究者は、その“記憶のなぞ”に、果敢に挑戦している人たち。そのなぞ解きのおもしろさを、本書は教えてくれる。

 

目次      

序章 記憶研究のパースペクティブ

1 自伝的記憶―思い出は、かくのごとく

2 記憶と対人認知―文脈効果とステレオタイプ的判断をめぐって

3 記憶と感情―いま、改めて感情とは何かを問い直すために

4 展望的記憶―意図の想起のメカニズム

5 記憶と意識―どんな経験も影響はずっと残る

6 記憶と知識―認知の過程を支えるベースとしての知識

7 場所の記憶―人間はどのように空間を認知するのか

8 行為の記憶―驚異の実演パワー

9 作動記憶―情報の処理と保持を支えるダイナミックなシステム

10 メタ記憶―覚えること、思い出すこと、忘れることに立ち向かう心

 

著者紹介

森 敏昭 (モリ トシアキ)  

福岡県出身。広島大学大学院教育学研究科博士課程後期中途退学。現在、広島大学大学院教育学研究科教授、文学博士。専門は認知心理学・教育心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社:北大路書房
ISBN:9784762822216